2021|本田圭佑の現在の年収は?引退間近でチームはどこに所属している?

元日本代表のサッカーの「本田圭佑」さんについて

・現在の所属チーム
・引退説
・年収
・画像

などまとめてみました。

2021|本田圭佑の現在の画像は?

まずは、本田圭佑選手のプロフィール・経歴をまとめてみました!

<本田圭佑選手のプロフィール>

〇生年月日:1986年(昭和61年)6月13日 生まれ(35歳)
〇出身地:大阪府摂津市
〇血液型:AB型
〇身長・体重:182cm・79kg
〇利き足:左足
〇ポジション:MF・FW

<経歴>

〇名古屋グランパスエイト(2005年)
〇 VVVフェンロ(2008年)
〇 CSKAモスクワ(2010年)
〇 ACミラン(2013年)
〇 パチューカ(2017年)
〇 メルボルン・ビクトリー(2018年)
〇 フィテッセ・アーネム(2019年)
〇 ボタフォゴ(2020年1月31日)
〇 ポルティモネンセ(2021年2月4日)
〇ネフチ・バクー(2021年3月15日)

本田選手は、星稜高校(石川県)卒業後、19歳でプロ入りしています。

また、日本代表には、2002年(16歳)から「U-17」に選ばれており、

2005年には「U-20」、2005~2008年には「U-21/22/23」を経て、

最終的には、23歳の時に日本代表に選ばれています。

そして、気になる現在の様子は!?

 

出典:https://bit.ly/3sjauND

 

体格や顔はそれほど変わっていませんが、髪が伸びて、茶髪に染めていて、以前の短髪で溌溂とした雰囲気から、おしゃれで落ち着いた雰囲気になっていますね。

本田圭佑選手は、日本代表時代、日本人初となるW杯3大会連続ゴールを決め

日本人のW杯最年長得点者)、アジア人のW杯最多得点者となり、

アジア人初となるW杯3大会連続アシストも達成した非常に有能な選手です。

そんな輝かしい成績を残してきた本田圭佑選手ですが、引退説がまことしやかに囁かれているようです。

そんな引退説についても次項で調査してみました!

2021|本田圭佑の引退説・現在の所属チームは?

出典:https://elken.hatenablog.com/entry/2017/07/02/102600

本田圭佑選手は、前述のとおり、日本代表時代に大いに活躍し、当時はファンからも絶大な人気を誇っていました。

しかし、近年の様子をみると、いくつかの記事で引退説が浮上するほど、成績は低迷しているようです。

不調の兆しが出始めたのは、2016年頃。
それまで、セリエAのACミランに所属していた本田圭佑選手でしたが、徐々に出場回数も減少していき、最終的には、現地のファンからもそれほど愛されず、マーケティング目的で契約されたなどと各メディアに辛辣な評価を受けています。

その後、約2年ペースでサッカークラブの移籍を繰り返していて、今となっては自分で好きなクラブを選べるような状況ではないとのことです。

実際、ブラジルのボタフォゴを退団してから、次のチームに入団するまでは、ついに「無所属」(どこのチームのオファーもない状態)になっていました。

現在、本人や公式サイトからは「引退」に関して、具体的なコメントはありませんが、今後このような状況が続くのであれば、何かしらの報告があるのかもしれませんね。

出典:https://portimonense-jp.com/all/news/1042/

そんな本田圭佑選手の現在の所属チームは、ネフチ(アゼルバイジャン)です。

今回の入団で、本田圭佑選手は、日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、ポルトガル、アゼルバイジャンと実に9か国目でのプレーとなります。

まさしく世界をまたにかけて戦ってきた男の、新たな挑戦が始まったと言えますね!

これまでのポルトガルやブラジルと比べ、サッカーレベルが比較的低いフィールドとなっており、本田圭佑選手の復活となるきっかけになることを祈っています。まだまだ挑戦が続きますが、今も応援してくれている多くのファンのために今後さらなる活躍を期待したいと思います!!

2021|本田圭佑の年収は?

出典:https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=369870

本田圭佑選手の年収は、一番高い時で、ACミラン時代の7億7000万円です!

しかし、前述でもあったように、不調が続いてしまったことで、移籍を繰り返すとともに報酬・年収は減少傾向にあります。

<本田圭佑選手の年収推移>

・2016年→7億7000万円(ACミラン)

・2017年→4億5000万円(パチューカ)

・2018年→3億2000万円(メルボルン・ヴィクトリー)

・2020年→1億6000万円(ボタフォゴ)

現在、ネフチ・バクーでの年俸・報酬は、約3か月で1000万円のようです。

やはり、プロスポーツ選手の年俸は、契約時のこれまでの実績とこれからの期待で決まるものなので、現状は低迷期でも今後の活躍次第でさらなる収入増も期待されます!

しかし、本田選手の収入源は、サッカー選手としての年俸だけではありません。

まず、本田選手は、「経営者」としての一面があります。

代表取締役を務めるNowDo株式会社をはじめ、サッカースクールやスポーツ施設を運営するSOLTILO株式会社や、アスリートのセカンドキャリアエージェント事業を行るNext Connect株式会社など、複数の会社経営に携わっています!

また、本田選手は、ミズノやスカパー、楽天モバイルなど大手企業がスポンサーについており、CM出演・スポンサー料も収入源として入ってきています。

これらをまとめると、以下のようになります。

●サッカーの年棒:1000万円

●CM出演:4500万円(1本1500万円×3本)

スポンサー料や事業による収益:約3~5億円

2018年頃は、年俸は約10億円だったと言われています。

しかし、近年、サッカークラブの経営難であったり、CM出演数も減少傾向にあることから、年俸も下落していると思われますが、

それでも、現在の総年俸は、約5億円近いと思われます!

2021|本田圭佑のまとめ

〇プロサッカーチーム入団から日本代表時代にかけて、数々の栄光を収めてきた本田圭佑選手。

〇現在は、アゼルバイジャンのネフチに所属。
(日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジル、そしてポルトガル、アゼルバイジャンと9か国目でのプレーとなる)

〇現在の総年俸は、サッカー選手としての収入以外にも事業などで約5億円と予想。

以上、本田圭佑選手の現在まとめでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする