マックカフェとマックの違いは?メニュー・店舗・ドライブスルーなどまとめ

マクドナルドの新形態「マックカフェ バイ バリスタ」がスゴイです。

「マックカフェ バイ バリスタ」

・マックとの違い

・メニュー

・店舗

・ドライブスルー

など徹底調査してみました。

マックカフェとは?マックとの違いは?

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/espresso_renewal/

皆さん、マックカフェをご存知でしょうか。

         選び抜かれた専任のBarista(バリスタ)がつくる高品質のドリンクとフードを
   お手頃な価格で楽しめる、居心地の良いカフェ

         正式名称は、McCafé by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)

マックが、気軽に飲食できるハンバーガーショップであるのに対して、

マックカフェは、高品質のドリンクとフードを楽しめる居心地の良いカフェ

だと言えますね。

その他にもいくつか違いがあります。

  マックカフェ マック

注文から

受取まで

番号札を持ち、席で待つ

横のカウンターで待つ

※たまに番号札を持ち、席で待つ

メニュー

ドリンク・スイーツ中心

マカロン

ケーキ

スムージーなど

ハンバーガー・ポテト中心

朝マック

種類豊富なハンバーガー

季節限定バーガー・ポテト

店舗数※ 171店舗 2,933店舗

※参照元:日本マクドナルドHP店舗検索

マックカフェは、マカロンやケーキ、スムージーなどカフェならではデザートなども多く、

店舗数は全国で171店舗のみ!マックの店舗数と比べると少ないですよね。

さらに、注文後はレジ横のカウンターで待つわけではなく、

会計時に受け取った番号札を目印に、スタッフがドリンクなどを席まで運んでくれます。

”居心地の良いカフェ”というコンセプトどおり、お客様をもてなす心掛けが素敵ですね!

マックカフェのおススメのメニューは?

出典:日本マクドナルドHP

マックとは違い、ドリンクやスイーツメニューが豊富なマックカフェ。

おススメのメニューをご紹介します。

カフェラテ

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/40004/

価格とカロリー

●Sサイズ    250円:85  kcal

●Mサイズ 290円:126 kcal

マックカフェのカフェラテは、華やかな香りとミルクの甘みが堪能できます。

苦みと酸味のバランスがよいエスプレッソにフォームミルクを加えられ、

誰でも飲みやすく、カフェラテを楽しむことができます。

ホットチョコレート

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/40010/

価格とカロリー

●Sサイズ    380円:196 kcal

●Mサイズ 420円:275 kcal

泡立てたミルクを使った温かなチョコレートドリンク。

ココアパウダーがトッピングされ、チョコ好きも満足の味わいです。

グリーンスムージー

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/40020/

価格とカロリー

●Mサイズ   400円:101 kcal

●Lサイズ 440円:134 kcal

4種のフルーツと10種類の野菜がブレンドされたグリーンスムージーです。

飲みやすく低カロリーなため、健康志向の方にピッタリですね。

紅茶のシフォンケーキ

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/400051/

価格とカロリー

●単品 340円:252 kcal

ふんわり仕立てのスポンジ生地、口溶けの良いホイップクリームが、

アールグレイの紅茶葉に見事にマッチしたシフォンケーキです。

マカロン ラズベリー

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/products/45230/

価格とカロリー

●単品 150円:79 kcal

ラズベリーの甘酸っぱさ、爽やかな香りのするクリームがサンドされています。

マックカフェで販売されている紅茶やコーヒーと一緒に食べたくなるマカロンです。

他には、チョコレート味、バニラ味、今なら期間限定のシトロン味も楽しめます!

(期間限定:1月12日〜)ホワイトチョコストロベリーシリーズ

 

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/whitechoco-strawberry/

 
 
 
1月12日から期間限定で「ホワイトストロベリー」シリーズが販売されています。

全3種類ごとの価格とカロリー、特徴などを見ていきましょう。

ホワイトチョコストロベリーフラッペ

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/whitechoco-strawberry/

価格とカロリー

●Mサイズ 490円:395 kcal

ストロベリーの果実感と甘酸っぱさ、ミルクとチョコレートの甘み、

ホイップクリームのコンビネーションで甘いなかにもスッキリした

後味が楽しめるデザートフラッペです。

ホワイトチョコストロベリーラテ

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/whitechoco-strawberry/

価格とカロリー

●Mサイズ 390円:276 kcal

ストロベリーミルクとホイップクリームの甘み、そして、ホワイトチョコレートの甘みを

味わうことができる華やかなホットドリンクです。

アイスホワイトチョコストロベリーラテ

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/whitechoco-strawberry/

価格とカロリー

●Mサイズ 390円:310 kcal

ホワイトチョコレートの甘みとストロベリーミルクのほんのり甘酸っぱい味わいを楽しめる、

見た目が華やかで可愛らしいアイスドリンクです。

□(期間限定:現在終了)マックカフェ×ゴディバのコラボ商品

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2021/1005a/

2021年11月中旬まで期間限定で販売されていた、マックカフェ×ゴディバのコラボ商品。

・ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペ

・ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン

どちらも大人気コラボ商品でしたが、現在は販売が終了してしまいました…

「マックカフェでゴディバの味わいを楽しみたかったな〜」

「ゴディバが監修したチョコレートの甘みを堪能してみたかった」

という方も多かったと思います。

□(期間限定:1月19日〜)ゴディバ ホットチョコレート

出典:https://www.mcdonalds.co.jp/campaign/godiva-hot-chocolate/

「マックカフェとゴディバのコラボ商品を楽しみたかった」という声に応えるかのように、

現在、マックではゴディバとのコラボ商品”ゴディバ ホットチョコレート”を販売中

※マックカフェではありませんのでご注意ください

価格とカロリー

●Sサイズ  350円:225 kcal

●Mサイズ 440円:337 kcal

「よく混ぜてから飲む」ことでカカオの濃厚な味わいと、

ミルクの自然な甘みを存分に楽しめるホットドリンクです。

これは以前、マックカフェとゴディバのコラボ商品として期間限定販売されていた

・ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペ

・ゴディバチョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン

が大好評だったことを受けての商品化ではないかな?と考えられます。

マックカフェではないことが残念ではありますが、

マックにお立ち寄りの際は是非とも「ゴディバ ホットチョコレート」を飲んで

ホッと一息ついてみてはいかがでしょうか。

マックカフェの営業時間、ドライブスルーは?

近隣店舗にマックカフェがあれば、休日や仕事終わりに一休みしたいと思いますよね。

気になるマックカフェの営業時間は7:00〜22:00です!24時間営業ではありません

24時間営業のマックに併設されているマックカフェであっても、

マックカフェ自体の営業時間は7:00〜22:00となっています。※一部店舗は8:00〜

参考:日本マクドナルドニュースリリース

さらに、ドライブスルーが利用できるマックカフェもあります。

・カフェラテやマカロンを食べながら、ドライブを楽しみたい

・買い物の帰り道に、美味しいコーヒーが飲みたい

という皆さんもドライブスルーのマックカフェを楽しむことができますね。

これを見ていると行きたくなりますよね。

大人気のマックカフェですが、店舗数が少ない理由など探っていきたいと思います。

●スタバの一番安い飲み物・食べ物を調べました↓↓

マックカフェの店舗は少ないの?

マックカフェは、日本全国に171店舗あります。※2022年2月5日時点

(参考:日本マクドナルドHP店舗検索

マクドナルドの店舗数が2,900店舗以上あるのに対して、

マックカフェ171店舗…非常に少なく感じますよね。

マックカフェのコンセプトが、

選び抜かれた専任のバリスタが提供する本格的なドリンクとフード

ということを考えると、店舗数が限られていることにも納得できます。

さらに、マックカフェ店舗は都心部に集中せず、全国各地の郊外にありますので、

多くの方が厳選された素材を居心地の良い空間で楽しむことができますね。

「近所にマックカフェがない人」や「家でマックカフェを楽しみたい人」もいますよね?

そこで、マックカフェにUber Eatsなど宅配サービスがないのかを見ていきましょう!

□Uber Eats

出典:東洋経済オンライン

Uber Eatsでマックカフェの注文は可能です

ただし、配達対象エリアにマックカフェがなければ、注文できません。

例えば、神奈川県相模原市にある「マクドナルド16号相模原店」が配達対象エリアに

含まれていれば、マカロンやケーキセットなどをUber Eatsで注文できます。

参考:Uber Eats

お住まいのエリアでマックカフェが注文できるのか気になる方は、

Uber Eatsの公式サイトやアプリにてご確認ください。

□マックデリバリー

出典:日本マクドナルドHP

マクドナルドが直接、利用者の自宅などへ商品を配達するサービス「マックデリバリー」。

マックデリバリーでもマックカフェを注文可能です

ただし、マックデリバリーは最低注文金額が1,500円に設定されています。

「マカロン2つ」や「ホットチョコレート1杯」という注文はできませんのでご注意ください。

マックカフェのまとめ

マックカフェとマックの違いを紹介してきました。

  • マックカフェは専任バリスタによる本格的なドリンクとフードを楽しめる
  • 日本全国に171店舗、都心部ではなく郊外にも
  • 営業時間は7:00〜22:00
  • ゴディバのコラボ商品」や期間限定商品もたくさん楽しめる!
  • 配達対象エリアならUber Eatsやマックデリバリーでもマックカフェを注文できる

買い物帰りに、仕事終わりにマックカフェでホッと一息ついてみてはいかがでしょうか。

●スタバの裏メニューを調べました↓↓

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする