2022|イチローの現在の年収は?住まいは日本?など徹底調査!

元メジャーリーガー「イチロー」さんについて

・現在の年収
・住まい
・仕事は、コーチ業?

などまとめてみました。

2021|イチローの現在の仕事はコーチ業?年収は?


出典:Full-Count

イチローさんの現在の仕事はコーチ業です。

具体的に掘り下げていきましょう。

どこでコーチをしているのか?

イチローさんは現在

・マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクター

・智弁和歌山高校の臨時コーチ

をやっています。

マリナーズでのコーチの仕事がメインでしょうから、

智弁和歌山高校のコーチは時々の活動でしょう。

だから日本よりもアメリカにいることが多そうです。


出典:NHK

コーチとは何をしているのか?

マリナーズでのコーチで主に指導を担当している部分は

外野の守備と走塁、打撃面

です。

イチローさんの得意分野そろいぶみです。

マリナーズ外野陣の成績には期待ができそうです。

気になる年収は?

イチローさんのコーチ業、CM出演、その他収入についてまとめていきます。

●コーチ業

イチローさんのコーチ報酬は不明でした。

松井秀喜さんのヤンキースでのコーチ報酬が5000万円ほどであることを考えると、

イチローさんなら8000万円くらいもらってそうです。

ただイチローさんは野球に関わりたい気持ちでコーチについているので、

無報酬でもコーチを引き受けるでしょう。

●CM

イチローさんのCM出演料に関してですが、2019年までの情報がありました。

引退前年の2018年は5000万円、引退発表の2019年には7500万円だそうです。

桁が違いますね。


出典:Number Web – 文春オンライン

●その他

イチローさんは現役時代に引退後の収入を見越した報酬契約を

マリナーズと交わしていました。その内容は

  • 2001年からの3年分の報酬である1400万ドルのうち700万ドルと利子分を後払いで受け取る
  • 2007年からの5年分の報酬である9000万ドルは毎年500万ドルを後払いで受け取る

というものです。

ちなみにここで言う利子は5.5%です。

2020年1月から報酬の受け取りは開始しています。引退の翌年ですね。

2021年7月現在のレートは1ドル=110円です。

これを参考に日本円で表すと、

イチローさんは毎年およそ5億5000万円を受け取っています。

引退後も収入が途絶えない仕組みを現役時代に構築しており、私生活も完璧です。

またイチローさんは報酬とは別に資産管理会社IYIを設立しています。

この会社の社長は妻の弓子さんです。

IYIの事業である高級エステ事業はアメリカのセレブを中心にヒットしており、

経営も順調です。

最後に総資産について。

イチローさんの選手時代の総資産は1億8000万ドルです。

日本円に直すとおよそ198億円

ここからイチローさんは資産運用も行なっているので、

今では総資産250億円超えもありえますね。

2021|イチローの現在の住まいは、日本?神戸?

出典:www.junglecity.com

現在イチローさんはアメリカのシアトル郊外に住んでいます。

日本の高校でもコーチをしていることがあったので、日本にいるかと思いましたが、

アメリカにいます。

メジャーリーガーとしてアメリカに20年近く住んでいるうちに、

アメリカの生活が体にあっているのでしょう。

またイチローさんの愛犬である一弓(いっきゅう)ちゃんは2019年の夏に亡くなってしまいました。

その後一弓ちゃんの親戚である姫弓(ききゅう)ちゃん天朗(てんろ)くんが家族になりました。

わざわざ渡米しているので日本に戻ることは無さそうです。

イチローさんは2012年ごろまではニューヨークのマンションに住んでいました。

ニューヨークヤンキースに所属していた時ですね。

今では手放されたそうです。

シアトルでは一軒家に住んでいるのでここで生涯を過ごすつもりでしょうね。

シアトルの自宅の中は「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも以前紹介されています。

出典:芸能NEWS+

上の画像はイチロー選手の自宅の画像です。

とにかくキレイです。

将来、このような家に住みたいですね。

2021|イチローの現在のまとめ

イチローさんの現在をまとめると

・マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクター

・智弁和歌山高校のコーチ

・現役時代に交わしたマリナーズとの契約より安定収入を得ている

・野球だけでなく私生活も完璧だった

というところです。

イチローさんについて調べていると、もっと自分は動けるのではないかと、体の中から湧き出てくるものがありました。

私もイチローさんを目指して日々精進していきます。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする