【台風14号】2020年のたまご進路予想・いつ?大きさは?

 

2020年「台風14号」が発生しております。
影響度や大きさ、進路予想なども予想してみました

「台風14号|2020」のたまご進路予想は?いつ?

(出典:https://www.weathermap.co.jp/forecast/typhoon.php)

上記は、10月9日23時現在の台風14号(チャンホン)の予報円です。室戸岬の南 約230kmに位置し、北東へゆっくり進んでいます。

今後、進路を東に変えて暴風域を伴ったまま10日(土)に西日本に、10日(土)~11日(日)にかけて東日本に接近するとされています。(日本列島への上陸の可能性はほぼなくなりました)

「台風14号|2020」の大きさは?

記憶に新しいですが、今年九州地方を中心に大きな被害をもたらした台風10号と比較したいと思います。

台風10号は一時920hPa「大型で非常に強い台風」となりましたが、奄美大島に接近した時点では945hPaと勢力が弱まっておりました。

一方、今回の台風14号は、10月9日(金)23時時点で、中心気圧980hPa・最大風速30m/sということで、10号と比較すると勢力はかなり劣ります

しかし今回の台風14号は、台風が近づく前から太平洋側では雨が降り続いており、土砂災害の危険性が高まっている場所もあります。台風の接近で前線の活動が活発になり、さらに激しい雨が降る場所もあるため、十分に注意してください!

「台風14号|2020」の東京・大阪・九州への影響・対策は?

(出典:https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2020/10/09/10096.html)

台風14号に対する、地域ごとの警戒期間を見ていきたいと思います。

●近畿地方

 ・雨・・・10日(土)午前(午後にかけて注意)

 ・風・・・10日(土)午後にかけて(11(日)午前まで注意)

●東海地方

 ・雨・・・10日(土)午後にかけて

 ・風・・・10日(土)午後にかけて(11(日)午前まで注意)

●関東甲信

 ・雨・・・10日(土)午前から午後にかけて(11日明け方まで注意)

 ・風・・・11日(日)午前まで注意

●伊豆諸島

 ・雨・・・10日(土)いっぱい(11(日)明け方まで注意)

 ・風・・・10日(土)から11(日)まで(終日)

このとおり、10日(土)は広い範囲で雨風への警戒が必要になります!また11日にかけても風の危険性が高いようなので、雨が降っていなくても油断しないようにしてください。

伊豆諸島では11(日)に「屋外の行動は極めて危険なレベル」の風が吹くおそれがあるようなので、最大限に警戒してください。

定型文的になってしまいますが、以下のことを頭に入れて行動することをオススメします。

 ●雨風が強くなる前に、風で飛ばされやすいものを家の中に入れる

 ●不要不急の外出は避ける(可能であればテレワークにする、学校を休む・・・など)

 ●畑や川の状況を絶対に見に行かない

台風14号|2020」のまとめ!

ここまで、2020年の台風14号についてまとめてきました。最後におさらいです。

●2020年台風14号は10/9 23時現在、室戸岬の南約230kmに位置している.中心気圧980hPa・最大風速30m/sで、暴風域を伴って西日本・東日本に接近.

●日本列島に上陸する可能性はほぼなくなったが、太平洋側ではすでに土砂災害の危険度が高まっている場所があるので厳重な注意が必要.

●10日は近畿~関東甲信、伊豆諸島で雨風が強くなる恐れ.11日は伊豆諸島で特に風に警戒が必要

●耳が痛くなりにくいアマゾン限定マスクはコチラ↓↓

ご覧いただきありがとうございました。今後の台風の最新情報をチェックしていただき、安全にお過ごしください!

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする