イタリアのコロナの原因は?なぜ?多い理由・人数を徹底調査しました!

イタリアのコロナウイルスの感染人数が凄いことになっております。

なぜイタリアでコロナウイルスが流行っているのか?原因・理由などを徹底調査しました。

「イタリアのコロナ」の感染人数・現在の状況は?

出典:財経新聞より

 現在のイタリアのコロナウイルスの発生状況と死者数についてですが,

イタリアでは初めての感染者が発生して以来瞬く間に感染拡大が加速して

現在では感染者数は92,472人(3/28現在)となり、

米国に次いで世界で2番目の感染者数となっております。

また,死者数についても合計で10,023人(3/28現在)と1万人の大台を超えております。

 さらに,現在の状況としては1日で新たに増えた死者数が2月21日に流行が始まって以来2番目に多い数となる889人となっており,現在も予断を許さない状況が続いております。

 この状況に対して,政府は現在までの措置によってこの程度の被害に抑えることが出来ているとの見解を示しており,防災庁のアンジェロ・ボレッリ長官は

「これらの措置が実施されていなければ,更に酷い数字になっていただろう。医療サービスもそうだろう。持続不可能な状況だった」

と語っております。

 悲惨な状況にあるイタリアですが,政府当局の声明通り,かなり初期から感染拡大防止に向けて様々な施策を試みていたようです。

まずは「移動制限」についてですが,イタリアではヨーロッパの各国に先駆けて欧州で初となる厳しい移動規制を2月下旬に打ち出して以来,規制の強化を進めております。

また更に,「患者の隔離」に対しても早い段階から対応を実施しており,日本政府の動きと比較してもかなり精力的に感染防止対策を実施しておりました。

「イタリアのコロナ」の原因は?なぜ?多い理由まとめ!

 「イタリアのコロナ」の感染人数・現在の状況は?で述べた通り,

イタリア政府の対応は比較的機敏であったにも関わらずイタリアではアメリカに次ぐ感染者数と世界最多の死者数を出してしまっております。

なぜイタリアだけこのように感染者数が増加してしまったのか調べてみたところ「文化的」側面,「政治的」側面,「環境的」側面の3つの要因から感染拡大が加速したという結果が見えてきました。

 まず,「文化的」側面についてです。イタリアでは皆さんのイメージ通り,陽気で人との関わりが多いという気質があります。

出典:ItalianPod101

 この人との関わりが多いというのが今回のコロナでは問題になってしまいました。

日本では挨拶の際,多くは言葉であいさつを交わすだけ,もしくは握手をする程度ですが,

イタリアでは簡単な挨拶でさえお互い体を寄せ合ってハグをしますし,

親しい人との挨拶ではハグをして頬にキスをする挨拶が日常となっております。

コロナウイルスは主に飛沫感染もしくは接触感染で感染するといわれておりますが,

このような文化の根付いたイタリアではハグをした際の接触による感染や,頬にキスをした際の接触によって感染が拡大しました。更に人との距離も近いため,くしゃみやせきをした際の飛沫感染も他の国に比べて多いと考えられます。

特に親しい人とかわす頬のキスについては,前にキスをした人の唾液がついた頬に他の人がキスをすることで直接関わりの無い人からの感染も拡大したようです。

 次に「政治的」側面についてです。イタリアでは日本と同様で中国からの観光客によるインバウンド需要が経済の極めて重要な部分をになっております。

イタリアはG7で初めて中国の進める「一帯一路」計画に賛同し参加した国であり,

2020年には文化・観光を促進するために直行便増加やビザ承認を加速化させました。

これによってますますイタリア経済は中国頼りになってしまったため,中国で感染が拡大した際にも中国からの観光客受け入れ拒否をすることが出来ませんでした。

 最後に「環境的」側面についてです。イタリアは日本と同様で超高齢化社会を迎えており,高齢者と言われる60歳以上の人口が多くなっております。

さらにイタリアは南部の一帯は比較的人口が少ないですが,北部の都市は歴史的に都市国家と呼ばれた都市がいくつも存在し,一部の都市圏に人口が集中しております。

(これも三大都市圏に人口が集中する日本と同様ですね。)

このような原因によって,都市部の病院や高齢者施設,高齢の利用者が多いジムや趣味教室などで一機に感染爆発が起こり,人口密度に対してベット数の足りない病院が次々機能不全に陥ったことで,感染拡大を止められなくなっていったようです。

イタリアの死者の年齢は?

イタリアの死者の年齢別構成は,

●30-39歳 0.1%

●40-49歳 0.1%

50-59歳 1.7%

60-69歳 8.1%

70-79歳 34.2%

80-89歳 44.3%

90歳以上  9.3%

他不明    2.2%

過去の情報では上記のようになっておりますが,現在イタリアでは若者の死亡も複数発表されており,若者も感染防止に努める必要があります。

特に,基礎疾患のない若者の死亡例も出ているため,より一層感染防止に力を入れる必要がありそうです。

また,男女別では男性の方が死亡率が高いとのことですが,これは喫煙者率による影響が大きいそうですので,これを機に禁煙してみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルス イタリアで死者1万人超え(20/03/29)

「イタリアのコロナ」のまとめ

イタリアのコロナの死者数は10000人超え。

イタリア感染拡大原因の殆どは日本にも共通。

・60歳以上の高齢者割合の増加

・都市部への人口集中

・中国からの観光客に頼っている経済

最近コロナ疲れが話題に度々上がっておりますが,日本人も明日は我が身と思って我慢していく必要がありますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする