【イーストウッドの最高傑作!】映画:運び屋のあらすじやキャストや公開日は?

スポンサーリンク




映画「運び屋」の公開日は、2019年3月8日(金)です。

クリントイーストウッドが約10年ぶりに監督・主演を務める映画「運び屋」は、果たしてどんな内容になるのでしょうか?

あらすじ、キャスト、ネタバレ、予告編動画、公開日、前売り券(ムビチケ)の情報など紹介していきたいと思います。

「運び屋」のあらすじやネタバレ、監督は?

出典:drydenwire.com

原題は「The Mule」になります。

巨匠クリント・イーストウッドが、10年ぶりに自ら主演・監督を務める映画です。

アカデミー賞受賞監督ですので、期待大ですね。

前回、主演を務めたのは「グラントリノ」ですね。

●「運び屋」のあらすじ

出典:THE RIVER

クリント・イーストウッド演じるアール・ストーンは麻薬の運び屋のプロで長い間家庭もかえりみず、仕事一筋で生きてきた。

その結果家族は離散、自宅も差し押さえられ、お金もない孤独な人生を送っていた。

ある日運び屋の仕事が舞い込んでくる。

「家族に謝りたい」「少しでもお金を残したい」という切実な思いから老人は再び麻薬の運び屋を始めるがそれがメキシコの麻薬カルテルの仕事だとは知る由もなかった。

実話なのか?気になるところですが、実話を元にした映画だそうです。

少し映画用に脚色しているかも?ですね。

実際に逮捕された犯人レオ・シャープの年齢も87歳だったそうです。

●ネタバレ

クリント・イーストウッドが主演?と思われた方も多いと思います。

御年88歳にして未だ現役バリバリですが、今回の作品の主人公も90歳近い老人と聞くと納得できると思います。

2011年に起こった実際の事件。捜査員が麻薬の運び屋と疑われる車を止めて降りてきた運転手を見て驚愕したそうです。

そこに立っていたのは87歳の深く皺の刻まれた一人の老人だったからです。

また今回の映画にはなんと、監督の実娘アリソン・イーストウッドも実際の娘の役として出演しているそうです。

出典:Los Angeles Times
スポンサーリンク



「運び屋」の評価は?

今回は自ら主演・監督を務めた作品として「グラン・トリノ」以来10年ぶりとなります。今なお現役として鬼才を発揮している彼の最新作は実話を元にしているということもあり全米興行収入1億ドルを突破し、評論家のレビューでも高い評価を得ています。

主人公の哀愁漂う横顔や遠くを見つめる眼差しがイーストウッドの人生観と重なってよりリアルな演出になっているようです。

映画「運び屋」のキャストは?

●クリント・イーストウッド/アール・ストーン

「ダーティーハリー」から「グラン・トリノ」に至るまで俳優としても監督としても不動の地位を確立している大俳優です。

出典:www.alux.com

●ブラッドリー・クーパー/コリン・ベイツ捜査官

「アメリカンスナイパー」「アリー・スター誕生」など数々の作品に出演され、その演技の高さに世界中から大絶賛されています。

出典:weknowyourdreams.com

●マイケル・ペーニャ/トレビノ捜査官

ご両親がメキシコ移民の俳優さんです。クリント・イーストウッド監督作品としては「ミリオンダラーベイビー」以来の出演になります。

出典:www.lamag.com
スポンサーリンク



「運び屋」の予告編動画や公開日は?主題歌は?

主題歌の情報はまだですが、彼の監督作品の音楽は、今までに何度もアカデミー賞にノミネートされているので今回の映画も楽しみですね。

一部ですが、お聞きください。

「運び屋」の試写会や前売り券(ムビチケ)は?

日本での公開日は2019年3月8日(金)に決定しています。

残念ながら前売り券情報はまだですが、もうしばらくしたら、MAJORサイトやムビチケサイトで確認できると思います。

近日発売予定とのことです。

スポンサーリンク



映画「運び屋」のまとめ

●88歳の鬼才クリント・イーストウッド自ら主演/監督を務める前代未聞の実話映画

●ブラッドリー・クーパーなど豪華キャストによる共演でアメリカでの興行収入も1億ドルを突破している。

●巨匠の実娘の出演や友情出演など見どころが満載です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
336




336




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336