ディープフェイクとはai?事件・作成者・事件など徹底調査!

 

最近、ディープフェイクが事件となっております。

・ディープフェイクとは?
・ソフト/アプリ
・ai
・作成者
・事件

など徹底調査してみました。

ディープフェイクとはai?ソフト/アプリ作成者は誰?

出典:トレンド祭り

ゆうれい
ゆうれい
そもそも「ディープフェイク」って何だろう?

まず、「ディープフェイク」という言葉の定義ですが、Wikipediaには以下のように記載されています。

ディープフェイク(deepfake)は「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」を組み合わせた混成語(かばん語)で、人工知能にもとづく人物画像合成の技術を指す。

特定の人物の写真などをAI(人工知能)に大量に読み込ませ、

既存動画の顔部分とすげ替えてしまい、偽の動画を作ることに悪用されています。

2017年に「Deepfakes」というハンドルネームのユーザが、

アメリカのインターネットサイトに有名人の偽ポルノ動画を投稿し拡散したことから、

ハンドルネームをとって「ディープフェイク」と呼ばれるようになりました。

ディープフェイク事件とは?逮捕者は?

(出典:https://www.fnn.jp/articles/-/91308)

ディープフェイクの技術を悪用して偽のアダルト動画を作成したとして、著作権法違反や名誉棄損の疑いで、全国で初めての逮捕者が出ました。これが「ディープフェイク事件」と言われています。

このディープフェイク事件では警視庁に2人、京都府警に1人、計3人の男が逮捕されました。

警視庁に逮捕されたのは、熊本市中央区黒髪に住む熊本大学2年の林田拓海容疑者(21)と、兵庫県に住むシステムエンジニアの大槻隆信容疑者(47)の2人です。アダルトビデオ制作会社の著作権侵害と女性芸能人の名誉毀損をした疑いで、2人とも容疑を認めているということです。

林田容疑者は、40人ほどの芸能人の画像を合成して250本以上の動画を作成し、動画の有料配信で80万円ほどの売り上げがあったようです。一方の大槻容疑者も、約90人分・1,000本以上の動画を作成していました。どちらも自宅のパソコンにて動画を作成していたとのことです。

京都府警に逮捕されたのは、大分県杵築市中の無職・野間口功也容疑者(30)で、こちらも著作権法違反と名誉棄損の疑いです。(2020年10月1日付で逮捕)

ディープフェイクで作成した動画をサイトに掲載し、今年1月~6月の間に広告収入など約56万円を得ていたということです。

ディープフェイクのまとめ

 

●耳が痛くなりにくいアマゾン限定マスクはコチラ↓↓

最後までご覧いただき、ありがとうございました!
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする