映画「15時17分、パリ行き」のキャストやあらすじやネタバレ!予告編動画や公開日やムビチケ(前売り券)などの情報も!

「15時17分、パリ行き」の公開日は、3月1日(木)です。

クリント・イーストウッド監督の最新作です。

「15時17分、パリ行き」のあらすじ&ネタバレ、キャストなど、主題歌や予告編動画やムビチケなどのwiki的な情報を記載していきたいと思います。

スポンサーリンク



映画「15時17分、パリ行き」のあらすじやネタバレあり。

(出典:uae.voxcinemas.com)

原題は「THE 15:17 TO PARIS」です。

公開日は2018年3月1日(木)です。

映画界の巨匠クリント・イーストウッド監督が、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」の実話を忠実に再現したドラマ映画です。

犯人を取り押さえ、事件を解決した3人のヒーローたちを、本人に自分の役を演じさせるという力の入れようです。

あらすじですが、2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車「タリス」の中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別テロを計画しました。

(出典:The New Yorker)

その列車にたまたま乗り合わせたスペンサー・ストーン(軍人)とアレク・スカラトス(軍人)、アンソニー・サドラー(大学生)がテロリストに立ち向かい、大惨事を未然に防いだという実話です。

映画「15時17分、パリ行き」は 87歳にして今なお現役でバリバリ活動

されている、俳優であり監督でもあるクリント・イーストウッドの最新作です!

それでは、予告編動画をご確認ください。

●映画「15時17分、パリ行き」の予告編動画

●クライマックスの予告編動画

スポンサーリンク



映画「15時17分、パリ行き」のクリント・イーストウッド監督について

(出展:variety.com)

彼が手掛けた過去の作品では「アメリカン・スナイパー」「硫黄島からの手紙」「ハドソン川の奇跡」などが有名です。

「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」では、アカデミー賞を受賞しております。

クリント・イーストウッド監督の映画「15時17分、パリ行き」についてのコメントをご覧ください。

(出典:tracking-board.com)

この映画はごく普通の人々に捧げた物語です。

彼らは旅行中の青年で、テロリストが電車に乗り込んできた時にとっさにアクションを起こしたのです。テロリストは 300 発近くの弾丸と銃を持っていました。悪事を企んでいたことは明白です。

私は、数多くの素晴らしい俳優たちと出会ってきました。おそらく彼らを起用したとしても素晴らしい仕事をしてくれたでしょう。しかし私は、この 3 人の若者たち自身に演じてもらうことこそ、もしかすると面白い試みなのでは?と思い始めました。私は彼らと共に、事件が起こった全く同じ場所で撮影を行いました。彼らは熱意をもって挑戦し、私たちは彼らを受け入れました。きっと映画を観れば、驚いてくれると思います。

3 人のどこにでもいる普通の若者たちが、あの事件を体験した他の人々とともに、あの場所を再び訪れるという体験は、彼らにとっても心の浄化になったのではないかと思っています。

出典:https://1517toparis-jp.tumblr.com/

スポンサーリンク



映画「15時17分、パリ行き」のキャストについて

映画「15時17分、パリ行き」のキャストは、事件に巻き込まれた当事者が自分の役を演じています。

●スペンサー・ストーン (本人)

アメリカの軍人です。

(出展:wikipedia.org)

●アレク・スカラトス (本人)
アメリカの軍人です。

(出展:abc7news.com)

●アンソニー・サドラー (本人)
大学生で二人の幼なじみ


(出展:the1517.com)

キャスト3人が並んだ写真です。

(出展:hollywoodreporter.com)

今回の映画で本人役としては出てませんが、3人以外でも、イギリスのビジネスマンや現役俳優など、多くの一般人がこの未曾有のテロ事件「タリス銃乱射事件」を未然に防いだことも映画の中で描かれています。

スポンサーリンク



映画「15時17分、パリ行き」の上映館や劇場は?

(出典:Sam’s Town)

映画「15時17分、パリ行き」の上映館や劇場ですが、主にTOHOシネマズで上映予定です。

詳しい上映館や劇場の情報は、下記よりご確認ください

映画「15時17分、パリ行き」のムビチケなどの前売り券の情報

チケットの前売り情報は「MAJOR株式会社」のサイトや「ムビチケ」サイトなどのほか、コンビニでも購入が可能です。

世界中を震え上がらせたテロ事件の連続。犠牲者が増える中、果敢にもテロリストに立ち向かった実話があった。

手に汗握る展開と心温まるストーリーを、巨匠クリント・イーストウッドが監督として手掛けたとなると見ないわけにはいきませんね。前評判も上々で公開が楽しみです。

映画「15時17分、パリ行き」のムビチケ(前売り券)の購入はこちらから↓↓

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
336